CAE受託サービス < R&D支援・評価>

CAEとは、コンピュータ上で有限要素法(FEM)などを用いて様々な物理現象をシミュレートし、設計段階での性能予測や実機に発生した不具合の要因分析および最適な対策の検討などを行う技術です。

CAE業務の導入や解析上のトラブルにお困りのお客様には、経験豊富なCAEコンサルタントがお伺いしてお手伝いいたします。

CAE業務の導入や解析上のトラブルにお困りのお客様には、経験豊富なCAEコンサルタントがお伺いしてお手伝いいたします。

自動車業界や航空業界などで培われた最先端のCAE技術と経験をもとに、世界的に信頼性の高いCAEソフトを活用して、流体、構造など幅広い領域でお客様の製品開発や課題解決への提案をいたします。
また、インドに設立したCAE専門の子会社のリソースを活用し、高品質で競争力の高い各種CAEモデルの作成にも対応いたします。
CAE業務の導入や解析上のトラブルにお困りのお客様には、経験豊富なCAEコンサルタントがお伺いしてお手伝いいたします。

>>受託解析専用サイト:受託解析.jp

【 主要業務 】
FEモデル作成
■ 線形静解析
■ 非線形解析
( 接触、大変形、材料非線形 )
■ 固有値解析
■ 動的応答解析
■ 熱伝導、熱応力解析
■ 衝撃解析
■ 流体解析
■ 複合材解析
■ LED熱解析

その他、様々な解析に対応します。

【 保有設備 】
■ Hyperworks
■ AD Nastran
■ NX Nastran
■ ABAQUS
■ LS-DYNA
■ STAR-CCM+
■ Qfin 他

受託業務実績
■ 自動車関連
■ 重工業
■ 航空機関連
■ 建設機械
■ 家電
■ 鉄道車両
■ 医療機器
■ 土木関連
■ スポーツ用品
■ 工業炉
■ 機械部品
■ 船舶関連
■ 耐震関連 他

各種評価基準に基づいた強度評価
JIS(日本工業規格)、ASME(アメリカ機械工学会)、BS(英国規格協会)、JSSC(日本鋼構造協会)などの各種評価基準に基づいた次の強度評価を行っています。

■ 応力分類
一次応力、二次応力、ピーク応力成分に応力を分類します。
■ 疲労強度評価
低サイクル疲労、高サイクル疲労損傷評価を行います。
■ 溶接疲労強度評価
JIS、JSSC、BSなどの基準に基づき、応力範囲を求めて溶接部の疲労強度評価を行います。
■ 耐震強度評価
原子力発電所耐震設計技術指針などに基づいて、スペクトル応答解析、過渡応答解析を実施し、耐震強度評価を行います。