スマートデバイスアプリ開発< AR、VR、IoT>

スマートデバイスアプリケーションの開発では、AR、VR、IoTといった次世代技術を用いたコンテンツを開発する事ができます。
これらの技術は様々な場面で活用することができるため、エンターテイメントのみならず、産業や医療の分野でも新しいソリューションを生み出すことができます。
ヘッドマウントディスプレイやKINECT®といった最新機器のアプリケーションの開発も行います。

AR(AugmentedReality)アプリケーションの受託開発
ポスターやパンフレットをマーカーにする事により、これまで表現が難しかった情報をわかりやすく伝える事が出来ます。

VR(VirtualReality)アプリケーションの受託開発
ヘッドマウントディスプレイを活用する事により、ユーザーにリアルな没入体験を提供する事が出来ます。

IoT(Android*/iPhone* / iPad*)アプリケーションの受託開発
お客様の企画を基に、開発、Apple Developer Program*の登録、App Store*への申請の代行まで行います。

*Kinect® は、米国 Microsoft Corporation の、米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※iPhone、iPad、App Store、Apple Developer Program はApple Inc.の商標または登録商標です。
※AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。VR


 

<目的別アプリケーション開発>

■ カタログ用アプリケーション
商品情報をメディアタブレットに掲載して、写真だけでなく、動画やコンテンツとして紹介を行えるアプリケーション

■ アンケート用アプリケーション
大量の用紙とデータ入力作業が必要であったアンケート作業をiPadを利用して省力化するアプリケーション

■ 顧客管理用アプリケーション
サーバに登録してある顧客や会員のデータをiPadから呼び出し、編集・図化できるアプリケーション

>>本サービスの専用サイト、ipad-ds.comはこちら

>>本サービスのARサイト、ds-arand.comはこちら