画像:ロゴ

CASE STUDY

事例紹介

  • 流体系解析
  • 自動車

風洞における車両走行時の空力解析

風洞に車両を設置して時速145kph走行と同等の風量を与えた空力解析です。
乱流モデルには、LES(Large Eddy Simulation)を適用することで、大きなスケールの渦に関しては直接計算し、計算格子よりも小さなスケールの渦に関してはモデル化を行うことができ、高精度なシミュレーションが可能になります。

流体系解析はデジタルソリューションにお任せください

デジタルソリューションでは様々な企業の流体解析を受託しています。流体の流れや温度ムラを、ベクトルや温度分布図で可視化。流体解析・熱流体解析によって、 メーカーエンジニアが抱える設計上の課題を解決します。

解析のご依頼・ご相談、資料のご請求をご希望の方は、お問い合わせページをご確認ください。

資料請求・お問い合わせ

線形解析・非線形解析につきましては、専用ホームページでも詳しくご紹介しています。